兄の形見のピアスを先生に没収され、卒業の日に返してもらおうとしたら・・・先生「捨てたから無いよ。バイトしてもっと良いもの買え」俺「えっ」 → 結果…

びっくり, 衝撃, 話題

高校の時の話

俺には歳の離れた兄がいて

DQNというかロックな感じだった。

そんな兄に憧れていて中学校の時

ピアスをあけ、クロムハーツの

ピアスを拝借したことがあった。

即効ばれて兄にすげえ怒られたけどw

なんでも6万位して

一番のお気に入りだったそうだ。

そんな兄が中三の受験近くに

バイク事故で死んでしまった。

まあ、すごく悲しかったけど喪失感が大きすぎて

泣かなかったのが記憶にある。

そんなこんなで兄の部屋の遺品を整理しててると、

「入学祝い」と書いた封筒があった。

中を開けるとあのピアスが入っていた。

その瞬間涙があふれて止まらなくなってしまった。

それ以来、学校にいないときは常に

そのピアスをつけて生活していた。

が、ある日ピアス取り忘れて

そのまま学校にいってしまった時があった。

校門に立っている先生に呼び止められ卒業まで

俺が預かるとピアスを没収されてしまった。

いくら兄の形見といえど自分が

悪いとおもったので、先生に本当に

大切なものなので絶対なくさないでくれと告げた。

そして卒業式の日、その先生にピアスを

返してくれと言った。

しかし先生は何のことかわからないような

顔をしてたのを見て血の気が引いた。

恐る恐る説明したら、思い出したように一言・・・・

「ああ、没収したものは

基本捨ててるからないよ。

ピアスなんてそんなにしないだろ。

大学にはいるんだから

バイトでもしてもっといいものを買え!」

もうそんときには泣いていたと思う。

ショックでふらふらになりながらも

「あれは、そんな安物じゃない。

6万ぐらいはするし兄の形見だ!」

と訴えた。

しかし先生は、そんな高いわけない!

嘘ついて俺にたかる気だろ!と・・・

気づいたらその先生のことなぐっていました。

なんかその後は親とか校長とかを交えて話あって

弁償するという流れにはなったけど、

そういう問題じゃないだろと思った。

最後にその先生に言った言葉がある。

自分でも性格が悪いなとは思うけど

30近くになった今でもその意思は揺るがない。

「先生の大切な人が亡くなったら

真っ先にその思い出を消しにいきますね」

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!

びっくり, 衝撃, 話題