あなたがもし「1日200円で暮らせ」と言われたらどうしますか?….そんな貧乏生活から抜け出すビル・ゲイツの回答が斜め上をいっていた!

びっくり, 衝撃, 話題

「1日200円で生活しろ」と言われたらどうしますか?

かなり切り崩していかないと生活できませんよね・・

そんな究極の状態からいかにして生活を

向上させていくのか想像できますか?

「えっ、そんな状態から向上させていくなんて無理だよ・・」

とぼやく人もいることでしょう。

しかし世界の億万長者として名高いビル・ゲイツ氏は

この問題を自身のブログで投げかけました。

そしてその生活から抜け出す彼の考え方が斜め上をいっていたのです・・

果たしてこの生活から抜け出す方法はどんなことだと思いますか?

少し考えてみてください・・

あなたもこの方法が思いついたなら、

億万長者の道もそう遠くはないはずです。

さて思いつきましたか?

ビル・ゲイツ氏が出した答えはこれです・・

それは「ニワトリを飼うこと」

一体どういう事なんでしょう・・?

それは「200円でも出来る投資」について述べています。

実際、メスの雛は200円足らずで買うことができます。

200円で雛を買い、1日少しずつ生活費を削って

餌を与えることができれば、数ヶ月で卵を得ることができます

(ニワトリはお茶ッ葉、コーヒーカスやみかんの皮等なんでも

食べるため飼料代はほとんどかからないそう)。

その卵の儲けを蓄えていくことで、もう数羽を購入できますね。

そして、雛が大きくなったら食肉として売る。これで500円。

サイクルを繰り返すことができたら、1日200円の生活が

り豊かになるに違いありません。

ニワトリは正に貧困からぬけ出すのに最適かつ効率的な家畜

(投資)ということです。

ゲイツはプロモーションビデオで以下のように述べています。

「ニワトリは栄養価があり、飼育するにも安い。そして、女性でも飼うことが出来る」

彼はこの考え方のプロジェクトをサブサハラアフリカ

(サハラ砂漠より南の地域)で実践するため、

10万羽の鶏を寄付したそうです。

この事こそが

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えなさい」

という考え方ですね。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!