「今日、娘が天国に」生まれてからわずか5時間でこの世を去った娘、命が生まれる事の奇跡を教えてくれる….

感動, 泣ける, 衝撃, 話題

2011年12月31日の大晦日、

某掲示板に「今日娘が天国に」というタイトルの

悲しいエピソードが投稿されました。

投稿者さんは30歳の男性で、生まれたばかりの娘が

わずか5時間でこの世を去った経緯と胸中を語っています。

その淡々として軽い語り口からは、

悲しみに押しつぶされまいとする男性の強がりの

ようなものが感じられ、涙を堪えることができません。

とても辛く悲しいお話しですが、

同時に命が誕生するという事は”奇跡”で

あることを私たちに再認識させてくれます。

「今日娘が天国に」

妊娠判明したのは5月、

そして6月には双子だと言うことが発覚。

8月まではなんとか順調だったんだ。

8月も終わりになったころ問題発生、成長に差が出始めた。

小さい方は大きい方の半分の大きさ、

でもその頃は様子見をするしかない状態。

双子で差はつく事はまああるとの事。

これから成長が追い付く事もあると医者が言う

事実その後だんだんと大きいほうと変わりなくなった。

そして10月中旬までは一進一退ではあるが

まだ順調と言えるレベルだったんだ。

10月中旬に大問題が発生。

二卵性なんだが、小さい方が羊水過小症に陥る。

医者にあと一週間持たないかもしれないと 宣告を受ける。

頭真っ白

 

ただ、今死んでも母体に吸収されるから

大きい方への影響は何とか大丈夫だと。

今後羊水増える可能性もゼロではないのでまた一週間様子見。

一週間後、更に羊水が減っている。

外来のエコーより精度の高いMFICUのエコーで初めて診てもらう。

そこで驚愕の事実。

小さい方は卵膜が不完全に

形成されていて羊水が溜まれないらしい。

診察してもらっているのは県内で1、2を争うほど

設備が整ってる大病院で色んな症例を経験している

医者もいるのだが、彼らでさえ5年に一度

あるかないかの珍しい症例だと言う。

羊水過小ってのは、読んで字のごとく

羊水が異常に少ない状態の事だよ。

色んな原因があるみたいだが、

赤ちゃんのクッションだったり、

栄養だったり機能形成のアイテムである羊水が減ってた。

後述するが娘の死はこれが根本の原因なんだ。

ちなみに自然妊娠だよ

羊水過小、卵膜形成不全が判明したため、

医者からは小さい方は時間の問題だが二卵性で部屋が

違うため大きい方は問題なく育てるはずだから、

一人を元気に産むことに頭を切り替えた方がいいと言われる。

さっきも書いたが、その時点では小さい方が

死んでも母体に吸収されるから大きい方に影響はほぼないだろうと。

今後小さい方が行き長らえることは奇跡と

呼ばれるものが起きない限り無理だろう。

byドクター

嫁号泣

俺頭真っ白

双子で超嬉しかったのに。

泣いて帰った一週間後。

週一の検診に一緒に行くため準備中、

嫁がトイレから出てきたら顔面蒼白。

「出血しちゃった」

急いで病院へ。

正直この時は「終わった」と思った。

 

次ページへ続きます