殺処分を目前に控え、恐怖に震える2匹の犬。しかし、あるSNSへの投稿が2匹の運命を大きく変えることに!

衝撃, 話題

その数は年々減少してきていますが、

まだまだ殺処分される動物はあとを絶ちません。

動物だって、私たちと同じ心を持つ生き物です。

自分の命が終わる瞬間を待つ動物たちは、

どのような気持ちでいるのか・・・。

私たちの想像も及ばない恐怖や悲しみ、

中には怒りを覚える子もいることでしょう。

そんな中、殺処分目前で奇跡を起こした

2匹の犬が世界で話題となっています。

檻の中で抱き合っている2匹の犬。

施設に訪れた動物保護団体のスタッフが見つけたのは、

抱き合いまるでお互いを慰めているかのような2匹の犬でした。

なんとかこの2匹を救いたいといった思いから、

スタッフは2匹の写真とともにこのコメントをつけSNSに投稿しました。

殺処分を目前に控えており、それが

わかっているのかとても怯えている様子です。

しかし、この1枚の写真とあるコメントが

大きな奇跡を呼ぶこことなりました。

「家族として迎え入れたい」

すると、施設にある1本の連絡が入りました。

なんと、この2匹を「家族として迎え入れたい」

という男性が現れたのです!

もう少しで殺されてしまう運命の2匹に奇跡が起こったのです。

右側は新しい飼い主と嬉しそうに撮られている画像です。

新しい家族を見つけた犬たちの表情に胸を締め付けられますね。

殺処分されてしまうギリギリのとこで命が助かり良かったです。

しかしまだまだ動物たちが殺処分されてしまう世の中。

少しでも殺処分されることがなくなるように、

ペットを飼う方は命ある限り大切に家族の一員とし

て守ってあげてほしいと感じました。

無残に殺処分される命が無くなってくれるように願うばかりです。