猫の耳の先端に切れ込みを入れるのは虐待?この行為が意味することを多くの人に知ってほしい

びっくり, 知って欲しい事, 衝撃, 話題

あなたは耳の先端に切れ込みが入った猫を見たことがありますか?

実際に野良猫などによく見かけますが、

この切れ込みはただの怪我ではありません。

この行為について、多くの人にこの事実を知って

ほしいというTwitterの投稿が話題を集めています。

もし見たことがあるという方もないという方にも知ってほしい、

「耳の切れ込み」が意味するものとは・・・?

耳の先端に切り込みがある猫

一見すると痛々しい傷跡のようにも見えますが、

これには大切な意味が込められているのをご存知ですか?

実はこの切れ込みは、避妊・去勢済みの

野良猫の目印としてつけられたものなんです。

こうすることによって、避妊・去勢済みの猫が何度も

捕獲されるストレスから守ることに加えて、

野良猫の殺処分を減らす事につながっているのです。

「身体に傷をつけるなんて・・・」という意見もありますが、

この行動が後に野良猫の命を守る目印にもなるのです。

この事実を知らない人のために、

田柄 ⚫物病院(@junkievets)さんがTwitterにて

多くの人に知ってほしいと呼びかけたのが

きっかけとなり話題を集めました。

猫の耳をカットするという行為自体が

かわいそうという方もいらっしゃいますが、

それによって猫が得られるメリットの方がカットされる

デメリットに比べ大きいという判断の元、

獣医師さんたちは耳のカットをされています。

猫の命を守るために活動する方たちが、

最も猫に負担が少なく効果的な方法として

生まれたのがこの方法だったのだと思います。

耳をカットするのがかわいそうだ、虐待だという前に、

なぜこのような方法を取らなくてはならないのか?

その事実を皆さんにも知ってもらいたいと思います。

TNR活動

この猫の耳をカットするという方法は、

「TNR活動(以下の頭文字をとったもの)」と呼ばれ、

野良猫が増えすぎて殺処分されてしまうのを

防ぐために行われています。

Trap(捕獲)

Neuter(不妊手術)

Return(戻す)

猫の繁殖力は私たちの想像をはるかに超え、

1頭のメス猫で年2~3回、1回あたり3~5匹もの子猫を産みます。

その猫がまた子を産み、更にその子猫が・・・

と考えると、不妊手術をしなければ1年後には

50~70匹もの野良猫が増えてしまうのです。

そこで、野良猫に避妊・去勢手術を施し、

しるしを付けて元に戻すといった「TNR活動」が始まりました。

全国的にこの活動が広まったおかげで全体の殺処分数は

10年前の1/3にまで減少していますが、

それでも日本だけで年間6.7万頭もの猫が命を落としているのです。

動物の命を救うはずの動物病院で、

猫の耳をカットすることは獣医さんにとっても

苦渋の決断に違いないでしょう。

しかしこれ以上失われる命がなくなるように、

まずはこの活動について多くの人に知って

もらうことが大切なのではないでしょうか。

この活動について、ネットでは多くの人からコメントが寄せられました。