緊急の為停車していた救急車、隊員が戻ってきたら救急車にメモが置かれていた。そのメモに書かれていた内容に絶句する….

びっくり, ムカツク, 衝撃, 話題

イギリスのバーミンガムの路上で、

ある日突然男性が吐血をして倒れてしまったので、

ただちに救急車が出動しました。

男性が倒れた場所の近くに救急車を停めた

隊員達はすぐに救助にあたり、その後救急車へ戻ると、

フロントガラスに1枚のメモが挟まっていました。

そのメモには信じられない内容が書かれていたのです。

それを読んだ隊員のターシャ・スターキーさんは、

Twitterでそのメモを投稿しました。

「あなた達は患者さんの命を救ったかもしれません。

ですがこんな所に救急車を停めたことで私の運転を邪魔しました」

ターシャさんはこのメモに驚愕し、急患の患者さんを

助けるためにはすぐに助けられるように救急車を

停める必要があること、そしてその理解をしてほしいと訴えました。

実際に救急車を停めていた時間は30分ほどだったそうですが、

患者さんを助けるために停めた救急車を邪魔呼ばわりする

匿名からの手紙に多くの隊員が衝撃を受けたのだそうです。

そしてターシャさんと同じく救急隊員である

サム・グリムソンさんもTwitterでこのように投稿しました。

 

次ページへ続きます

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!