相次ぐ若年性胃がん…胃がんの初期症状や検査費用などを紹介。

知って欲しい事, 話題

相次ぐ若年性胃がん

2018年になってから

格闘家の山本KID徳郁さん(41歳)、

パフォーマーの中尾翔太さん(21歳)

など、若くして胃がんで亡くなった

有名人のニュースが続き、

悲しみの声があがっています。

若年性の場合、進行速度が早く病状が

悪化してしまうことが多いようですが、

治療により回復されている方もいます。

有名人では俳優の渡辺謙さん

お笑い芸人の宮迫博之さんなどが

過去に胃がんを患いましたが、

早期で胃がんを発見し治療・手術にて回復し、

現在は仕事に復帰されています。

今回はそんな相次ぐ若年性胃がんについて紹介します。

胃がんとは

胃がんは日本人が最も多くかかるがんです。

男性はおよそ9人にひとり、

女性はおよそ18人にひとりが

一生のうちに胃がんと診断されています。

胃がんは、食べ物の消化・吸収と

殺菌の役割をしている胃の

最も内側にある粘膜内の細胞が

何らかの原因でがん細胞に

なることから始まります。

その中でも増殖が少ない早期胃がんと

増殖が多い進行胃がんに分けられていて

これらはがんの進み具合を具体的に

示すものではありませんが、

早期胃がんでは転移していることが少なく、

進行胃がんではより深くまで浸潤するほど

リンパ節や他の臓器への転移が

多くなることが知られています。

胃がんの初期症状

がんはかなり進⾏しても全く

症状がない場合も多くみられます。

しかし、⼀⽅では治療を

受けている⽅の約半数が早期胃がんで

そのうち約半数は何らかの症状が

きっかけで検査を受けています。

早い段階でがんを見つけ

治療する事はとても大切です。

胃がんの初期症状としては以下が挙げられます。

・消化不良・胃の不快感

・食欲低下

・胸やけ

・腹痛・腹部不快感

・吐血・下血

・貧血

胃がん検査の費用

初期症状に当てはまるものが多くて不安。

という方は検査を受けてみましょう。

費用については検査内容や場所によって

異なりますが、内視鏡で発見しずらい、

初期段階の胃がんを見つける

胃がんリスク検診の費用は初診料、

採血・検査費、報告書および

再診料をすべて含め 7350円。

胃内視鏡検査+生検+病理組織検査は

保険料3割負担の場合、9000~12000円前後、

大体15000円あればどこの病院で

検査を受けても安心ですね。

胃がんに限らず、自分の身体と

向き合って検査・予防することで

様々な病気のリスクが下がります。

定期的に検診を受けていないという方は

これを機に受けてみてはいかがでしょうか。