ケガや病気になった動物たちを優しくお世話する『黒猫看護師』を知っているか?

衝撃, 話題

ポーランドの動物医療保護施設になんと『黒猫看護師』
なるものがいるんだとか・・

その看護師の名前は『ラドミンス』現在1歳になる
オス猫ちゃんです。

彼は生後2か月の時に瀕死の状態で施設に
運び込まれ、生死をさまよっていたが
奇跡的に一命を取り留め、元気に回復したのであります。

その頃からラドミンスは不思議な行動を
するようになったのです。

病気になったりケガをした動物を見かけると、
ラドミンスはずっとそばに寄り添い、傷ついた体を
舐めたり、時に抱きしめ、温めるような行動を
するようになったのです。

それはどんな動物にも分け隔てなく行われる。
ラドミンスは

「大丈夫、一緒にいてあげるからね。痛くないからね」と、
まるで動物たちを励ましているようです。

その思いやり溢れる行動をみて、
「ラドミンスの存在は傷ついた動物たちの癒しとなるだろう。」
と、獣医のルーシーは、この診察室を含め、
自由に施設を行き来できるようなペットとして、
ラドミンスをここで飼うことにしたんだと言います。

治療中の猫に寄り添うラドミンス

173-2

手術が終わった後の猫をはげますラドミンス

173-3

犬にだってつきっきりで寄り添う

173-4

2匹の猫に平等に接するラドミンス

173-5

「大丈夫だよ、もう痛くないからね。」

173-6

愛情深く見つめるラドミンス

173-7

頑張ってね、すぐ元気になれるよ!

173-8

寒いのね?温めてあげるよ。

173-1

無償の愛情で動物たちの心と体の

傷を癒すラドミンス。

一度は消えかけた命だが、命を取り戻した

ラドミンスは、自分が助けられたように

その命を他の動物たちの為に使おうと

決めたのかもしれないですね・・・

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!

衝撃, 話題