チキンガールと呼ばれた少女の悲劇とその真相とは・・・幼少期、鶏小屋でニワトリと一緒に8年間もの間育てられる

衝撃

1980年、ポルトガル国民は

9歳の少女マリア・イザベル

クアレスマ・ドス・サントスの

あまりに悲劇的な話にショックを受けた。

少女はその人生のほとんどを

人間と関わることなく

愛情を受けることもなく

ニワトリ小屋の中で過ごしていたのだ。

ずっとニワトリと暮らしていたせいか

その挙動がまるで鳥そのものだっため

彼女は「チキンガール」と呼ばれるようになった。

1歳から8年間ニワトリ小屋で育った少女

1980年1月のDiariodeNoticias紙の

記事によると、マリア・イザベルは

1970年7月6日、ポルトガル中部

コインブラにあるタブアの農場で生まれた。

マリアの母親は実は深刻な精神疾患

だったことが後にわかるのだが

マリアが1歳のとき

「この子は私の子ではない」

という思い込みから少女を

ニワトリ小屋に閉じこめた。

その後8年間、マリアはこの小屋の中で

ニワトリと暮らした。

食べ物は鳥と同じだ。

鳥のエサ、穀物、キャベツの切れ端

家族の食事の残飯を与えられて生き延びていた。

マリアの兄たちは、こんな扱いは受けなかった。

家の中で眠り、学校へ行き

近所のほかの子どもたちと遊ぶ普通の生活を送っていた。

のちに、ニワトリ小屋で暮らす

マリア・イザベルのことがタブアの人たちが

知るところとなっても

誰も警察に通報したり

少女を助け出そうとはしなかった。

当時、タブアは小さな田舎町で

人々は隣人の問題に関わるより

自分たちが暮らすための日々の

仕事でいっぱいいっぱいだったのだ。

マリアの悲惨な話が新聞に載ったのは

閉じ込められてから

約9年経った1980年1月のことだ。

母親に重度の精神疾患があることが判明するものの…

この非人道的な牢獄から

マリア・イザベルが助け出される

チャンスは実は4年前にあった。

1976年、少女のおばのひとりが

彼女の母親の行動の異常さに

驚き医者に連れて行ったのだ。

コインブラの医師は

この母親は重度の精神障害で

入院・リハビリが必要と診断した。

にもかかわらず、母親を受け入れる施設が

ひとつもなかった。

いくつもの病院や精神療養施設に断られ

おばは母親を家族の元へ返すしか手段がなくなった。

そしてようやく少女は助け出される

1980年に初めて、トーレス・ヴェドラス病院の

放射線技師、マリア・ビシャオが

少女のことをマスコミに暴露して

事態は正しい方向に動き出した。

ビシャオは病院のほかの看護士から

マリア・イザベルの状況を知り

助けようと思いたった。

少女を自分の家に連れて行き

15日間共に過ごしたが

彼女にはプロの助けが必要だと気づいた。

ポルトガルの首都リスボンの

ジャーナリストたちに連絡をとって

少女の置かれている状況

彼女の体と心に与える影響を伝え

世間の関心を集めようとした。

「マリア・イザベルが長年暮らしてきた状況で

生き延びられるとは誰も思えないでしょう。

でも、もっとショッキングなのは

何年も前から非難されていたのに

これまでどの機関も解決に

踏み出そうとしなかったことなのです」

リスボンのジャーナリスト

マリア・カタリーナは語った。

当時の大統領夫人

マヌエラ・エアネスが

リスボンのリハビリセンターに

マリア・イザベルを収容できるよう尽力し

この件で大きな役割を果たした。

徐々に人間らしさを回復しているマリア

保護されてから10年たっても

マリア・イザベルはまだ鳥のような

仕草や行動をした。

小刻みに素早く歩き

腕をばたつかせる行為は治らない。

だが徐々に回復し、27歳になって

やっと普通に歩けるようになり

攻撃性もなくなってきた。

「話すことはできないけれど

彼女はとても知的で、自立していて

環境によく順応しています。

欲しいもの、欲しくないものを

示す方法をちゃんと知っているのです」

マリア・イザベルをケアする心理学者

クリスティーナ・コンセイソンは言う。

 

 

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!
  友だち追加