奇跡の再会…やっぱりあの子!看護師、28年前に担当した未熟児彼は医師となってこの病院に戻ってきた

感動

アメリカの病院で長年看護師を
している女性が、約30年前に
その病院で未熟児で生まれた
男性と再会したニュースが話題になっている。
同病院のNICU(新生児集中治療室)に
最近やってきた研修医は
生れてまもない時
この場所で治療を受けていた。

生死の境にいた彼は

ある看護師の献身的な看病で
元気を取り戻していったのだが
その時にお世話になった看護師と
ここで奇跡の再会を果たしたのだ。

こんなことがあるなんて!と感激する2人。

この事実がわかったのは

ベテラン看護師である彼女の
卓越した記憶力のおかげだという。

28年ぶりに再会

先日、カリフォルニア州

パロアルトにあるルシールパッカード
小児科医院の看護師ヴィルマ・ウォンさんは
同病院で未熟児として生まれた
ブランドン・セミナトーレさんと再会した。

看護師のヴィルマさんと研修医のブランドンさん

28歳のブランドンさんは小児科の
研修医2年目で
3週間ほど前から
この病院のNICU(新生児集中治療室)で働いていた。

彼はこの病院で生まれた。

だが未熟児で自発呼吸や栄養摂取が
困難だったためNICUに長期入院した過去があった。

当時乳児だった患者の名を覚えていた看護師

病院のフェイスブックによると

最初に声をかけたのはヴィルマさんだった。
新しくやってきたこの
研修医のことが妙に気になっていたという。

「彼に聞いたらカリフォルニア州の

サンノゼ出身で、この病院で未熟児で
生まれたんですよって教えてくれて。
私は前にここで出産した
セミナトーレという姓の赤ちゃんを
覚えてたから、ひょっとして…と思ったんです」

念のためさらに質問してみると

やはり当時の記憶と一致。
この人は本当にあの時の赤ちゃんなんだ!と驚いた。

それでもにわかには信じられず

口ごもっていたヴィルマさん。
すると今度はブランドンさんが
「あなたはヴィルマさんですか?」と尋ねてきた。

それが事実だと知ると

ブランドンさんもびっくり!
こんなことがあるなんて…と
色々な思いに駆られ
しばらく感慨にふけったそうだ。

看護師とここで再会できるとは!

ヴィルマさんとの出会いは超現実的な体験でした

とブランドンさんは語る。

研修先がこの病院なのは

承知していたものの
同僚の中に当時の看護師が
いるとは思いもよらなかったという。

「彼女が私に気づいたとき

自分もここに来る新生児の一人だったんだ…
としみじみ思いました。
私は一周回ってここに戻ってきて
今度は自分を手助けした看護師と
一緒に新生児のお世話をしてるんですよ。
すごく運命を感じます。」

ブランドンさんは1990年に

緊急帝王切開で生まれた。
わずか29週だった
体重は1080gほどしかなく
NICUで40日間も治療を
受けてようやく退院できたのだ。
この記事が気にいったら、コメントしてね!!!

感動