【おじさんと老犬】通勤途中の車窓から見えた信じられない光景。数秒後僕の目は涙で溢れかえっていた。 

感動, 泣ける, 素敵, 衝撃, 話題

東京都在住の池ヶ谷大輔さんが

今から3ヶ月ほど前、Facebook上に投稿した

動画がネット上で話題を呼んでいます。

その動画は1匹のレトリーバーとその飼い主の

おじさんを映した、わずか23秒の動画です。

以下はその動画に添えられた文章です。

「通勤途中のある風景。

歩行困難なレトリーバーとおじさん。

手作りの台車で毎朝散歩している。

おじさんはレトリバーのオシッコのポイントに着くと、

擦ってあげて排尿を促す。

オシッコが終わればしっかり体もふいてあげてる。

うんちも同じように介護している」

おじさんが献身的に介護をする様子を

見た池ヶ谷さんはふと思います…

「大切な家族なんだね。

長年寄り添い励ましあって生きてきた我が子に、

『今度はオレがお前を守る』って言っているかのよう…。

多頭飼育も良い、だが目の前のたった一匹の

我が子を愛し貫くのも素晴らしい」

そして池ヶ谷さんには、その光景を見て

感じたことがひとつありました…

「全ての飼い主がこのおじさんのように、

責任をまっとうしてくれれば、よほどのことがない限り、

犬や猫が収容されることもない。

飼い主のみんながこうであってほしい。

いや、こうでなければならない。

これが当たり前の光景になりますように…」

犬や猫がいまだに無責任な飼い主のせいで

置き去りにされたり、保健所で殺処分される様な

世の中が変わればいいのに…

そんな願いを込めて池ヶ谷さんはおじさんと

レトリーバーを撮った動画をFacebook上に投稿しました。

池ヶ谷さんの投稿には2018年4月の現時点で

既に3千件近い「いいね」や「超いいね」がつき、

800件近くシェアされています。

投稿には

「動物虐待がまだまだ多い中、

心がホッとする光景ですね」

といった声や

「素敵ですね。最後まで一緒、介護する。

この当たり前の事に感動する。

それはできていない飼い主さんがいるからなんですよね」

といったコメントが数多く寄せられています。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!