50年前未解決事件の三億円事件の真相…モンタージュ写真男性の正体を暴露「私が殺した」…

事件, 衝撃, 話題

未解決事件となっている

1968年12月10日に

東京都府中市で発生した三億円事件。

様々な作家がこの事件を題材に物語を作ったり、

ノンフィクション作家なども、膨大な取材から

この事件の謎に少しでも近づこうとしています。

さらに、テレビドラマなどで

映像化されたりしているのも印象的です。

以前3億円事件を題材にした

『クロコーチ』というドラマが放映されていました。

すでに1975年に時効となっている出来事だが、

事件発生から50年が経過した2018年、

犯人と名乗る男が息子の言葉に背中を押され、

インターネット上に事件の真相を暴露し、物議を醸しています。

三億円事件とは

奪われた現金は当時で約3億円

(正確な金額は2億9430万7500円)ですが、

現在の貨幣価値に換算すると

約20億円~30億円にもなると言われています。

大卒の初任給が3万円だったので

当時の国民からすれば、3億円というのは

途轍もない金額だということが想像できるかと思います。

三億円事件の流れ

1968年12月10日午前9時15分、

東京芝浦電気(現:東芝)

従業員のボーナス(約3億円)を

積み込んだ日本信託銀行の行員4人を乗せた

現金輸送車(黒いセドリック)が

国分寺支店を出発し、東芝府中工場へ

向かう道中で事件が発生。

午前9時20分頃、府中刑務所の外堀沿いを

走行していると後方から白バイに乗った

警察官が現金輸送車の前方に回りこみながら、

停車を促して白バイから下車。

そのまま運転席の窓に走り寄って、

「この車に爆弾が仕掛けられている。

車を調べるので全員降りて下さい」

と警察官が告げた。

運転席に座っていた行員は

「昨日、車内を調べた時には

何もありませんでしたが」

と返答。

白バイ警官は

「では、車の外を調べてみます」

と言い、タイヤ周りを調べ、

フロントの辺りを調べだした。

現金輸送車に乗っていた4人は

不安になり車外に飛び出してきた。

警察官が車体の下に潜り込んだとき、

「爆弾があった!危ない、爆発するぞ!下がれ!」

と4人に向かって叫んだ。

その声と同時に車体の下部から

白い煙が立ち昇りはじめる。

行員4人が慌てて車から離れると

警察官は運転席に乗り込み、

そのまま走り去る。

ここまでの経過時間はわずかに3分ほど。

現金を奪った犯人は現場の近くで

別の車に現金の入った

ジュラルミンケースを乗せ替え逃走。

これ以降、現金を奪った犯人の行方が

分からないまま、事件発生から7年後の

1975年12月10日午前零時、時効が成立した。

しかし、この事件が今もなお

語り継がれている理由は単に華麗で完璧な

犯罪だからということだけではありません。

半世紀近く経った今でも人々が興味を

絶やさないその理由は事件に絡む様々な

謎がさらに輪をかけた謎となり、

出口の見えないミステリーと化しているからと言えます。

しかし、事件発生から50年が経過した2018年、

犯人と名乗る男が息子の言葉に背中を押され、

インターネット上に事件の真相を暴露し、

物議を醸しています。

核心に迫る情報

自分が三億円事件の犯人だと

暴露しているのは白田と名乗る人物。

白田はインターネット自作小説公開サイト

「小説家になろう」に事件の真相を

書き込みし、大きな話題となっています。

創作ではなく真実の話として公開されており、

さらに、警察しか知りえない情報として

核心に迫る情報も書いています。

語られている情報は非常にリアル

どうしてインターネット自作小説公開サイト

「小説家になろう」で暴露しようと考えたのか?

その理由を白田は

「息子が見つけてきたのがこのサイトだった」

と語っています。

そこで語られている情報は非常にリアルで

登場する面々の心情も嘘とは思えないほど

リアルな表現となっています。

モンタージュ写真の男は友人

このサイト内で

「府中三億円事件を計画実行したのは私です」

と語る白田だが、

世間で良く知られている

モンタージュ写真の男ではないと言います。

白田によるとモンタージュ写真の男は友人であり、

三億円事件を一緒に計画した人物とのこと。

モンタージュ写真の男は服毒自殺

白田とその妻が実行犯で

モンタージュ写真の男は実行犯として

窃盗にかかわっていないという。

しかし事件発生後、白田らを

かばうためにモンタージュ写真の男は

服毒自殺をしたというのです。

しかし、彼をそこまで追い込んだのは白田であり、

彼がしんだことに対して白田は

「彼は、私が殺したのです」と話している。

警察が白田に対して動き出すのは時間の問題

つまり、直接モンタージュ写真の

男を殺害したわけではないが、

彼が自殺しなければならない

状況に追い込んだのが白田自身。

そう言いたいのでしょう。

はたしてそれは真実なのか。

時効となったとはいえ警察が

白田に対して動き出すのは時間の問題。

もしこの書き込みが事実であれば

今後、新たな展開があるはずです。

ネットでの反応

・モンタージュ写真の不気味さ、事件当日の天候、

この時代のセドリックやカローラ、、

すべてがロマンに感じられる。

・捜査費用にその3倍以上の

9億9千万もかかったっていうのは

何とも皮肉ですなあ

・やはり犯人は、第一容疑者の

白バイ警官の息子だと思う。

親父のヘルメット黙って借りて犯行に及んだ。

親父に追求された後自殺→遺書は親父が後で書いた

→警察上層部に親父がもみ消しを懇願

→日本警察の威信に関わる犯罪故承諾

→世間体もあり、捜査員には一切明かさず。

というシナリオですかね。

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!
  友だち追加