「また会えたね!」野生のアザラシと衝撃の再会!!ダイバーに近づきギュっと抱きしめる姿が可愛すぎる

衝撃, 話題

イギリス・ノーサンバーランドの沖にある

ファーン諸島には、数多くのハイイロアザラシが暮らしています。

最近この島でダイビングを楽しんだ医師であり

ダイバーであるベン・バーヴィルさんは、

ダイビング中に一頭のアザラシと出会います。

人懐っこいアザラシと共に踊ったり遊んだりと、

一時間以上にわたり楽しい時間を過ごしました。

それから2週間後、再びこの島を訪れたベンさん。

海に潜って10分くらい経過した時に、

向こうから近づいてくる一頭のアザラシに気づきます。

つぎのしゅんかん、そのアザラシは思いもよらない

行動に出てベンさんを驚かせました。

2週間ぶりの再会

ベンさんが潜水してからおよそ10分後、

自ら近づいてきた一頭のアザラシ。

なんと、それは2週間前に一緒に遊んでいたアザラシだったのです。

まるで再開を喜ぶかのようにベンさんの胸元へ入り込むと、

頭をクリクリと押し付けてきました。

ベンさんも犬や猫をなでるかのように優しく

アザラシの背中を撫でてあげます。

すると今度は、ベンさんの顔にギュッと抱き着いてきたのです。

アザラシは「海の犬」などと形容されることもあると聞きますが、

この姿を見てしまえば納得です。

ベンさんに抱き着いてナデナデをおねだりするアザラシは、

もはや犬にしか見えません。

そして犬と同様、アザラシもやさしくしてくれた人、

一緒に楽しく遊んでくれた人のことを覚えいるのですね。

実際にベンさんは、過去18年間のダイビングの間に

人懐っこいアザラシと数多く遭遇してきたといいます。

仲間になりたそうに近づいてきたり、

泳ぎ方を教えてくれようとしたり、ダンスを披露して

くれたりとその触れ合いに癒されているようです。

気を付けてほしいこと

その一方で医師であり専門家でもあるベンさんは、

次のように警告しています。

ハイイロアザラシは口の中に「マイコプラズマ」や

「連鎖球菌細菌」がいる場合があります。

むやみに触れてしまうと感染症を引き起こす

危険性があるため、むやみに接触するのはやめた方がいいとの事でした。

これがアザラシに限らずどんな野生生物にも言える事ですね。

ファーン諸島には5千頭以上のハイイロアザラシが

生息しており、ダイビング中にアザラシと

出会うことはよくある事なのだそうです。

ですが数が多いため、同じアザラシと再会する

ことはめったにないのだといいます。

だからこそ今回の再開はベンさんにとって大きな衝撃を覚えたようです。

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!
  友だち追加