インフルエンザで休むのは学生まで?企業のトップの意見に戦慄・・・

共感, 衝撃, 話題

先日、インフルエンザにかかっている

女性が駅のホームから転落し、話題となりました。

22日午前9時半頃、

東京都目黒区の東急東横線中目黒駅で、

同区の会社員女性(37)がホームから転落し、

進入してきた電車にひかれ、

搬送先の病院で死亡した。女性は普段から貧血気味で、

体からはインフルエンザウイルスが検出されたことから、

警視庁目黒署は体調不良で転落したとみている。

発表によると、女性は出勤中で、電車待ちの列の

先頭にいたが、急にふらついて線路に転落したという。

この事故をうけて、ニュースでは

駅のホームドアの安全性について論じられました。

しかし、ネットではそもそもインフルエンザに

感染しているのにもかかわらず、出社しなければ

ならないという状態だったのがおかしいとの意見が多く見られました。

そして、ある建設会社の社長の発言に注目が集まっています。

昔に比べると、労働環境が改善されているように感じますが、

まだまだブラック企業と呼ばれる企業は多いようです。

このような企業が無くなり、悲しい理由で

命が失われることが2度とないことを願います。

ネットの反応

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!