【子供を守る方法・対策】子供が性犯罪に巻き込まれそうになった親御さんからのメッセージ

知って欲しい事, 衝撃, 話題

子供が性犯罪に巻き込まれそうになった

親御さんから注意喚起のメッセージが

話題になっています。

子供を守る方法とあわせて紹介したいと思います。

注意喚起のメッセージ

ネットの反応

子供を守る方法

防犯標語「いかのおすし」を教える

知らない人にはついて「いか」ない!

「可愛い犬が一杯いるとこに行こう。」

「●●に行きたいから案内して」

などと声を掛けてくる場合があります。

知らない人の車には「の」らない!

「車の下にモノを落としたから探すの手伝って」

などと車に誘導しようとします。

連れ去られそうになったら「お」おごえ(大声)を出す!

はっきりと「助けて」と言えるように普段から練習させましょう。

騒いだだけでは駄々をこねてると周りからみられる可能性もあります。

怖いことがあったら「す」ぐに逃げる

怖くなって動けないことがないように

普段から全力で逃げるように指導しましょう!

周りの大人や警察官にに「し」らせる

自分だけではなく友達が危険な目に合いそうになったら

すぐに近くの大人に知らせるように習慣づけましょう。

防犯ブザーなど防犯グッズを持たせる

・親が犯人役をして実際鳴らすところまでの

シミュレーションして。使い方を教えておいてください。

・電池切れしないように1日一回のチェックと月一回は電池交換をしましょう。

・子供の腰回りなどすぐに取り出せる位置に携帯させましょう。

インターネットを制限・監視する

・インターネットでやりとりしている相手はすべて把握。

・ソフトバンクの「ジュニアスマホ」など利用制限のある

キッズスマホや携帯を使わせる。

・そもそもインターネット・スマホを使わせない。