明石市長の暴言騒動の真相を神戸新聞が公開!メディアの報道は1部を切り取ったものだった!

衝撃, 話題

兵庫県明石市の泉房穂市長(55)が

2017年6月、道路の拡幅事業で立ち退き交渉を

担当する職員に対して吐いた暴言が

一斉に報じられ話題となっています。

「火つけてこい」などとの暴言を聞き、

このような人が市長には相応しくないと

思った方も多いのではないでしょうか。

しかし、暴言音声には公開されていない部分がり、

地元紙である神戸新聞が、新聞・テレビが

報じていない市長の発言を公開しました。

暴言は許されない内容でしたが、

全文を見ると見方が変わると話題となっています。

ネットの反応

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!
  友だち追加