学校で友達を殴った息子を叱る父親。しかし泣きながら明かしたその”理由”を聞き父は何も言えなくなり反省する…

泣ける, 衝撃, 話題

私には、来月12歳になる息子がいます。

幼い頃から空手を習わせており、

全国で優勝する程にもなりました。

そのおかげで、精神的にも体力的にも強い子です。

空手の教えでもあるのか、

決して外で喧嘩をして来たり、

誰かに空手を使って暴力をふるったり、

弱い者をいじめる事をしない子。

しかし、ある日我が耳を疑う様な出来事がありました。

仕事中、会社にかかってきた一本の電話。

それは学校からでした…

お父さん、すぐに学校にこれませんか?

○○○君(息子)を迎えに来ていただけませんか?

こんな電話がかかってきたのは、初めての事です。

いきなり呼び出されるなんて、

何か大事でもあったのか!?

瞬時に心臓の音が高ぶったのを覚えています。

息子に何かあったのですか!?

そう聞くと、先生は言葉を

詰まらせながら少し言いにくそうに話します。

…いえ、○○○君がお友達を

かなり執拗に殴ってしまい、

顔が腫れ上がってしまいまして…

この言葉を聞き、我が耳を疑いました。

今まで一度だって誰かを

殴ったりした事の無い子です。

空手の試合中は圧倒的な強さで

相手から勝利を勝ち取りますが、

外で手を上げた事なんてありません。

まさか…?

まだ信じられない思いのまま、

仕事を早く切り上げて

学校へ息子を迎えに行きました。

保健室のベットの上でうつむきながら座る

息子と、その横でワケを聞き

出そうとしている担任の先生がいました。

息子の手は包帯でぐるぐるに巻かれ、

目には大粒の涙が溢れる寸前で拳を

ギュッと握って我慢している様子でした。

先生から事情を聞くと、

殴った理由をどうしても言わず、

僕が悪いんだ。

△△君(殴った友達)は悪くない。

この一点張りだそう。

埒があかないので、

その日は連れて帰って

私が家で話す事にしました。

そしてその夜、やはり事情を話さない

息子についに私も激怒してしまい、

怒鳴りました。

すると、ずっと我慢していた涙が

頬をつたって流れ出し、

今まで滅多に泣いた事のない息子が

声を上げながら泣き出し、

必死に友達を殴った理由を訴えたのです…

お母さん…

お母さんが…

そう震える声を整えようと

必死に涙をこらえ、息子が話した

内容は私も知らなかった事でした。

お母さんが…

お母さんが最後にくれた

御守りだったんだ。

僕がずっと強くいられるように、

最後に作ってくれた御守りなんだ。

それを△△君(殴った友達)が

ダサくて気持ち悪いって言ったんだ…

でもね…それだけならまだいいよ?

僕が教室に居ない間にハサミで

ランドセルから切っちゃったんだ。

だから…許せなかった。

お父さん、ゴメンなさい。

私の妻、息子の母親は

昨年にガンで他界しました。

乳ガンからリンパへ転移し、

治療を続けていましたが

亡くなってしまいました。

私は、息子が妻からそんな御守りを

もらっていた事を知りませんでしたが、

この息子の話を聞いてハサミで切られた

という御守りを見せてもらいました。

それは、妖怪ウォッチのジバニャンを再現して、

細やかに編みこまれた手作りの御守りでした。

泣きながら理由を話し、

泣きながら私にジバニャンの御守りを渡す

息子の姿とその想いを知り、私はもうそれ以上

怒ることは出来ませんでした。

それどころか、私もその場で

一緒に泣き崩れてしまいました…。

私の教育の仕方は間違っているのかもしれません。

もちろん殴ってしまった事は

取り返しの付かないダメな事です。

でも、どうしても息子だけが悪いとは思えませんでした。

暴力はいけません。

絶対に肯定できる事ではありません。

しかし、何よりもこの気持ちを

大事にしたいと思いました。