【泣ける…】脳障害の影響でうまく歩くことができない子猫。傍らでサポートする犬の愛に心打たれる

感動, 泣ける, 衝撃, 話題

生まれながらに障がいを持った子猫。

一件何も問題はない可愛らしい子猫ですが、

脳障害の影響から上手く歩くことができません。

そんな子猫の傍らにはいつも1匹の犬がいます。

上手く歩くことのできない子猫を

サポートするように寄り添って歩く犬。

種別を超えた愛に、多くの人が心を打たれました。

子猫と犬の友情

庭をあちらこちらと歩き回る、好奇心旺盛な子猫。

小脳形成不全という障がいの影響で、

首が大きく揺れてしまい上手く歩くことができません。

そんな子猫を傍で見守る犬が一匹。

撮影者さんの愛犬・マックスはまるで我が子に

送るような優しい視線で子猫を見守っていました。

子猫と犬の友情

庭をあちらこちらと歩き回る、好奇心旺盛な子猫。

小脳形成不全という障がいの影響で、首が大きく

揺れてしまい上手く歩くことができません。

そんな子猫を傍で見守る犬が一匹。

撮影者さんの愛犬・マックスはまるで我が子に送るような

優しい視線で子猫を見守っていました。

フラフラとしていしまう子猫のことをとても心配している様子です。

子猫に何かあっては危ないと思ってか、

子猫の行く方向に寄り添ってサポートしようとする

マックスの姿からは愛が溢れていますね。

無邪気に歩き回る子猫の後ろからそっと後をつけます。

「何かあったら僕が助けてあげよう」

まるでそう語っているかのように、ただただ子猫を見守るマックス。

2匹が触れ合っている姿にとても心が温かくなりますね。

子猫もマックスがいてくれるおかげで安心して

走り回ることができているのかもしれません。