我が子がいじめのターゲットになってしまった時、家族の取るべき「対処方法」とは。

知って欲しい事, 衝撃, 話題

悲しいことに、9月の初旬は子供達の自殺、

不登校が多発しやすいというデータがあるほど状況は深刻です。

その中でも学校に行けなくなる要因となるのは、

「いじめ」

もし、大切な我が子がいじめのターゲットに

なってしまっていたら、親はどのように行動するべきなのでしょうか。

今回、そんな自身の経験をもとに

「子供がいじめっれた場合の対処方法」について投稿した

「ぬえ@yosinotennin」さんtweetをご紹介します。

この方法は効果抜群だったようです。

診断書を出されてしまえば、学校側としても

対応に迫られることになるでしょう。

そうすることによって、暴力を振るった子供の保護者にも

危機感を持って子供に注意してくれるはずです。

確かに表面上で謝罪をし、解決された「フリ」を

されても根本的な解決にはなりません。

学校側はなかなかこのいじめ問題を解決

するための動きをしてくれないでしょう。

しかし、大切な我が子の身体や命に何かあってからでは遅すぎるのです。

さらに、ぬえさんは「精神的ないじめ」を心配する

声に対しても、次のようなアドバイスを送っています。

最も重要となるのは、子供が何で悩んでいるのか。

それをしっかり確認した上でケースバーケースで

行動とることが大切なのです。

一度いじめのターゲットになってしまえば、

自分の力だけでは簡単に抜け出すことは

できないでしょう。

しかし、学校に任せきりにしても根本的な

解決が難しいときもあります。

そんなときは、家族が一丸となって、

我が子を守るために冷静かつ合理的に

解決するために行動する必要があるでしょう。

いじめを完全になくすことは難しいでしょう。

そのいじめによって自ら命を落としてしまうような

状況になってしまう前に、このような対処法を

とることは非常に効果的と言えるのではないでしょうか。

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!
  友だち追加