13年間共に過ごした愛犬が他界。悲しみの中、犬小屋を撤去すると紙キレが・・・信じられない事態で号泣する

感動, 泣ける, 衝撃, 話題

私は大学卒業後、東京で就職。

地元の三重県から1人で出てきました。

東京に来たばかりは友達も少なく、

常にホームシック状態で、

毎日毎日実家に電話をしていました。

その中でも、やはりずっと思っていたのは

子供の頃からずっと一緒だった愛犬のチロル。

私がペットショップで一目惚れして、

ワガママを言い続けて買ってもらった犬でした。

いつどんな時でも隣にいて、私が辛い時や悲しい時も

ずっと側で優しく寄り添ってくれ、悲しい表情の時は

ペロペロと気遣う様に舐めてくれたり、

辛い時は何も言わず側でゴロンと寝そべりながら

上目遣いで心配そうに見守ってくれていたチロル…。

実家での想い出には、必ず側にチロルがいてくれました。

いつも、お母さんに電話をしては電話口に

チロルを出してもらって元気をもらう。

お母さんの話では、私が上京してからは、

心なしかチロルに元気が無くなってしまったそうです。

家の中だと全く動かなくなってしまったチロルの

健康を気にかけ、外の庭にチロル専用の放し飼いに

出来るスペースと冷暖房付きの犬小屋をこしらえ、

家の中とはいつでも行き来ができる様にしてあげたそうです。

しかし、それでもやはり元気が無くなったのは、

私が居なくなってしまったからだと…

お母さんが驚いていたのは、不思議と私が電話越しに

話しかけると尻尾を目一杯振って喜んでいたという事。

しかし、上京してしばらくすると、

こちらでも友達が出来、段々と生活に慣れ始め

実家に電話をする回数もどんどん減ってしまいました。

その時は気付かないものですが、

後にとてつもなく後悔をする事に。

 

次ページへ続きます