鈍器で殴られたことにより顔が変形した犬。「安楽死」ではなく「里親」を選択した獣医と出会い幸せな生活を手に入れる

衝撃, 話題

アメリカ・オハイオ州カヤホガ郡にある

カヤホガ動物保護センターに運び込まれた生後4か月の子犬。

「スクィッシュ」と名付けられた彼の姿を見た

センターの従業員たちは言葉を失います。

激しく損傷した顔はグニャっと曲がってしまっており、

それは自力で餌を食べることも困難なほどでした。

そんな状態にも関わらず、

従業員に対し愛らしく尻尾を振っていたといいます。

原因は犬に噛まれた箇所が化膿し、

感染症を引き起こしている事が原因であると考えられました。

そのため抗生物質と痛み止めを処方された

スクィッシュでしたが、彼の容体は

日を追うごとに悪化していく一方でした。

処方された薬の効果が出ないことに加え、

口を開けることができず餌を食べられない

スクィッシュの体重はみるみる落ちていきました。

「このままではスクィッシュを苦しませるだけ」

そう判断した医師たちは、2ヵ月前に救出された

スクィッシュを安楽死させることに決めたのです。

それまでにできることをしたいと、スクィッシュは

最新医療設備がある動物病院

「グレート・レークス・クリニック」でCTスキャンを受けました。

すると、誰もが想像していなかった残酷な真実が発覚したのです。

本当の原因

View this post on Instagram

Squishさん(@apupnamedsquish)がシェアした投稿

当初感染症と思われていたスクィッシュでしたが、

CTスキャンを受けた結果とても恐ろしいことが判明します。

なんとスクィッシュの顔のゆがみは、

何者かが鈍器で彼の顔を何度も殴打した事が原因だったのです。

原因が判明したところでようやく、

スクィッシュが自力でご飯を食べられるようにと

長時間にわたる手術が行われました。

しかし手術後にスクィッシュに里親が見つかる見込みは少なく、

手術を受けても生きられるかわからない状態。

それに加えてスクィッシュの里親になって

手術費用を負担してくれる人はいないように思われました。

しかし彼は安楽死を目前にした病院の中で、

運命ともいえる出会いを果たします。

運命の出会い

当時グレート・レーク・クリニックで

研修生として働いていたダニエル・ボイド医師。

彼女がスクィッシュを診察室へ運ぶために抱きかかえた時、

腕の中でスクィッシュはダニエルさんの

ことをその茶色の瞳でジッと見つたのだといいます。

「数知れない困難を乗り越えてきた

この一眼の犬に一目ぼれしてしまいました。」

こう当時を振り返ったダニエルさん。

これまで与えられた数々の苦難にもめげずに

立ち向かったスクィッシュに、愛情という物を教えて

あげたいと感じたそうです。

そこでダニエルさんは、スクィッシュの安楽死が

決行される前日、一晩だけ彼を家に連れ帰ることに決めました。

動物病院の檻の中で寂しく

過ごすようなことはさせたくなかったのです。

車にのったスクィッシュは窓の外眺めながら

尻尾を振り続け、その様子はまるで

笑っているかのように思えたといいます。

そして家に着くと安心したのか、すぐ眠りにつきました。

一方で、その晩なかなか眠りにつくことができなかったダニエルさん。

安楽死の手術が行われるのは明日。

人に抱かれて眠る温かさ、そして自らの腕の中の

温かさが無くなってしまうことを一晩中考え続けていました。

そして翌朝、ダニエルさんの顔には決意の表情が浮かんでいました。

この日、これまで残酷な運命を背負ってきた

スクィッシュの人生が大きく変わる日となったのです。

ダニエルさんの決意

「スクィッシュは安楽死させない。私が飼う。」

なんとダニエルさん自らが、スクィッシュの

里親になることを決意してくれたのです。

さらにはクリニックで獣外科医として働く

同僚のアイリーン・ヘルドマン医師もこの愛らしい子犬に

心を奪われており、次の日に彼に外科手術が施されました。

まずはあごの骨を一部切除し、

自分の力でご飯を食べられるようにします。

それ以降さまざまな手術が行われ、

歯・右目の骨も一部切除されました。

度重なる手術を終えたスクィッシュはすっかり

元気を取り戻し、今では自由に駆け回るほどに回復しました。

テニスボールを追いかけるのがお気に入りの

スクィッシュですが、やっぱり1番はダニエルさんに

よしよしされることが大好き!

見た目こそほかの子と違うものの、中身はなんら

変わらないやんちゃで愛嬌たっぷりのワンコです。

View this post on Instagram

Squishさん(@apupnamedsquish)がシェアした投稿

実はスクィッシュが病院に運び込まれてきたとき、

ダニエルさんが飼っていた愛犬が高齢のために亡くなったばかりでした。

愛する家族を失った悲しみを乗り越えようとしていたダニエルさん。

人間の愛に飢え、帰る場所を必要としたスクィッシュ。

2人が出会ったのはもしかしたら運命だったのはと思わずにはいられません。

スクィッシュには新しい友達も増え、

ダニエルさんの元で愛情いっぱいの幸せな生活を送っています。

View this post on Instagram

Squishさん(@apupnamedsquish)がシェアした投稿

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!